法要・葬儀の読経依頼

投稿日:2020年10月1日 更新日:

※新型コロナの影響により、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。法事、葬儀の供養については、供養之証による法要もご検討いただきたくお願いいたします。
※このページの内容についてのご相談も【お問い合わせ】よりお願いいたします。

【法要内容】
・葬儀・・・2日間(通夜・葬儀)、1日のみ、火葬前後に葬儀場やご自宅などでの読経。
・法要・・・法事、四十九日一周忌三回忌などの年回忌法要。命日から月日が離れていても、他の供養との合同でも対応可能です。例えば、お盆やお彼岸の時期に合わせて年回忌として法要を行えます。初盆のご依頼もこちらから。様々なご事情をお聞きすることがあり、出来る限り対応いたします。ご自宅や墓前での法要を想定しています。本堂法要は当センターでは受付不可能です。

【費用】
※護寺会費・お車代・お膳料などの別途費用は掛かりません。消費税に該当する場合は税込金額です。
通夜葬儀の2日間 16万円(同一会場で移動なしの場合)
葬儀1日のみ 8万円(同一会場で移動なしの場合)(通夜のみ、火葬前後の読経も同様)

法要 5万円(法要を一項目選択した場合)
法要や儀式を一項目追加毎に 1万円

※お盆や初盆も法事同等の内容で行うため5万円です。

打ち合わせでもお布施内容を確認いたします。また、候補寺院と直接打合せする場合にも金額の確認をする決まりにしていますのでご了承ください。法要当日に渡す場合は現金でお願いします。事前にお布施を寺院センターでお預かりする場合、銀行振込、郵便振替、PayPay送金のご利用が可能です。

【新型コロナ対策】
※当面、以下の対応をとることによって安心してご依頼いただけるよう配慮いたします。
・担当僧侶は法要前後を含めマスクを着用します。
・対面で話す機会を極力減らします(状況によって法話を省略する場合があります。)
・葬儀時、故人に触れることは避け、法要時、位牌など仏具に触れることも注意して行います。
・3密を避けるため、ご家庭やセレモニーホールなどでは換気を求める場合があります。それによって、線香やロウソクが使えない場合もありますし、事前に不使用を提案していただいても問題ありません。
・以上の対策をとることにより従来より法要時間の長短変化が起こる可能性があります。
・新型コロナウイルスの再流行が起こる兆しがあった場合、担当寺院判断、もしくは依頼者判断で法要前日までに中止を申し出ることができます。
・新型コロナウイルスを含むインフルエンザなどの疾病が確認され、医師が完治したと判断していない人は参列できません。(当然ながら担当寺院も含む。)
・社会的に必要な対策は随時追加していきます。

【地域】
現在、対応可能な地域は以下の通りです。
東京都、神奈川県東部、千葉県北西部、埼玉県、長野県、富山県、石川県

【お車代・お膳料】
対応地域であれば、お布施に含まれますが、別途担当寺院にお車代・お膳料およびお布施をお渡しすることは自由です。担当寺院よりお約束の金額以上の申し出があることはありません。

【法要可能日】
随時(依頼日の当日および前日が法要の場合は要相談)

【受付期間】
インターネットにて24時間受付中。
依頼内容を確認でき次第、ご返答いたします。

誰でも法要・葬儀の読経をご依頼いただけます。

まずはお問い合わせだけでも承ります。具体的な法要内容や日時が依頼者(施主・代表者)と担当寺院の双方にて確認できた時点で約束が成立します。メールで打ち合わせする場合は寺院センター事務局が対応し、電話やSMS(携帯電話のショートメール)で対応する場合は候補寺院からご連絡いたします。また、依頼内容で打ち合わせ・ご依頼が不可能な場合も同様にご連絡いたします。

※新型コロナの影響により、ご希望に添えない場合があることをご了承ください。法事、葬儀の供養については、供養之証による法要もご検討いただきたくお願いいたします。
※このページの内容についてのご相談も【お問い合わせ】よりお願いいたします。

-法要



Copyright © 1993 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.