『般若心経』

投稿日:0300年1月1日 更新日:

『般若心経(はんにゃしんぎょう)』は、正式には『般若波羅蜜多心経(はんにゃはらみったしんぎょう)』といい、さらに略して『心経(しんぎょう)』と呼ばれることもあります。サンスクリット語では、प्रज्ञापारमिताहृदय(Prajna-paramita-hṛdaya、プラジュニャーパーラミター・フリダヤ)で、現在一般的に広まっているのは玄奘三蔵が漢訳した『般若心経』(掲載のもの)です。

成立年代や成立場所がはっきりしていないものの300年から400年の間にインド文化圏で成立したと考えられています。なお、現存するテキストで最古のものは、鳩摩羅什(くまらじゅう)が漢訳した『摩訶般若波羅蜜大明呪経』一巻で、402年から413年の間に翻訳されたものなので、遅くとも400年代の初めには成立していたということになります。

「般若」は仏の智恵、「波羅蜜多」は完成、「心」は物事の一番すぐれた大切なところの真言を意味しています。すなわち「仏の智恵が完成するための真言」が説かれています。真言は「マントラ」とも呼ばれます。仏の智恵の完成とは、「空」の思想を体得することです。

『般若心経』には二種類あり、大本(広本)と小本(略本)が存在し、一般に広まっているのは玄奘三蔵が漢訳した小本にあたります。なお、大本には「如是我聞~」ではじまる序と「~信受奉行」で終わる結語がついています。宗派によってお経の読み方・読み癖が異なる場合があります。

<< 戻る

-お経, 年表, 用語集
-, , , , , , , ,



Copyright © 1993 - 2022 寺院センター All Rights Reserved.