梵字(サンスクリット・悉曇)

更新日:

 
梵字(ぼんじ)は、古代インドの文章語であるサンスクリット(梵語)を書き表すのに用いた一種の表音文字です。いろいろな字体がありますが、日本にはその中の、6世紀から9世紀にかけて中央インドを中心に用いられた流行書体である悉曇文字(しったんもじ)という字体が仏教とともにつたえられました。悉曇文字には、「成就・完成」という意味があり、特に密教では、悉曇は大日如来から相承した神聖な文字であると説かれています。

梵字は塔婆や位牌などに書かれている場合もあります。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-, ,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.