『阿弥陀経』

投稿日:0111年1月1日 更新日:

阿弥陀経(あみだきょう)は100年頃にインド文化圏で成立したと考えられている大乗仏教の経典です。もともとの梵語(サンスクリット語)では「スカーヴァティー・ヴィユーハ」(梵: सूखावतीव्यूह, Sukhavati-vyuha, 極楽の荘厳、幸あるところの美しい風景)であり、鳩摩羅什訳で『阿弥陀経』となりました。サンスクリット表記では同タイトルの『無量寿経』と区別して『小スカーヴァティー・ヴィユーハ』とも呼ばれます。略称は、『無量寿経』の『大経』に対して、『小経』とも呼ばれます。


 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

(浄土宗公式ウェブサイト参照)

<< 戻る

-お経, 年表, 用語集
-, , , , , ,



Copyright © 1993 - 2022 寺院センター All Rights Reserved.