「 投稿者アーカイブ:buddhism 」 一覧

禅宗の流れ - 簡単な説明

2020/09/18   -用語集
 

  お釈迦様の説かれた教えを仏教といいますが、お釈迦様から正しく伝えられた教えを正法といいます。禅宗では、その正法は28代目の菩提達磨大師に受け継がれ、インドから中国に伝わりました。 菩提達 ...

梵唄

2020/09/18   -用語集
 

  梵唄(ぼんばい)とは、黄檗宗で行われている歌のようなお経のことです。声明などとはまた違い、4拍子を基本とするリズムを刻みながら節の付いたお経を読んでいく、とても音楽的なお経です。法要では ...

お彼岸特集(春彼岸・秋彼岸)

お彼岸(ひがん)とは、先祖を偲ぶ大切な期間として、日本では春分の日、秋分の日が祝日となっています。春分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間を春彼岸、秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間 ...

学校や職場の掃除

2020/09/18   -ストーリーズ

  学校や職場で 掃除をやらされている と 思うのは もったいない 進んでやれと いうのでもない きれいにすればいい というわけでもない 掃除をするとき やらされていると 感じていたら 掃除 ...

寺院・お寺

2020/09/18   -用語集
 , ,

  寺院・お寺とは、仏教の活動拠点となる建物およびその所在する境内(けいだい)をいいます。精舎(しょうじゃ)、僧伽藍(そうぎゃらん)、伽藍(がらん))、仏刹(ぶっさつ)などとも呼ばれます。イ ...

蓮華

2020/09/17   -用語集
 ,

  蓮華(れんげ)とは、水生植物である蓮(はす)の花のことで、日本にも自生していました。沼地にしっかり根を張り、泥中でも養分を得て成長し開花することから、インドでは古くから神々の象徴として大 ...

悟りとは気づくこと、ではなにに気づくのか―余語翠厳(曹洞宗 正伝の仏法)

  ・・・余語という曹洞宗の高僧は、こんなことをいっている。 「悟りとは難しいことではない。気づくことだけだ。なんに気づくのか。それは、気づいても気づかなくとも変わらない事実に気づくことであ ...

仏教用語集 索引

2020/09/17   -用語集
 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

和讃

2020/09/17   -用語集
 

  和讃(わさん)とは、仏教歌謡・声明の一種で、仏・菩薩の功徳や仏法をたたえ、祖師・先人の徳、経典・教義などに対して和語を使ってほめたたえる讃歌です。サンスクリット語を使ってほめたたえる「梵 ...

2020/09/17   -用語集
 ,

  吽(うん)とは、サンスクリットを表す悉曇(しったん)表記における書記素の最後の字、およびそれによって表される音です。密教では、すべての教法がこの一字に集約されていると説きます。悉曇では「 ...

檀那寺

2020/09/17   -用語集
 

  檀那寺(だんなじ)とは、現代では先祖の位牌を預けたり、そこでお葬式や法事を依頼する自分のお寺のことを檀那寺と呼びます。所属する信徒は、檀家や檀徒などと呼ばれます。 この「檀那」は梵語「ダ ...

宗門改

2020/09/17   -用語集
 

  宗門改(しゅうもんあらため)とは、江戸時代に幕府が禁教令の発布に伴い、キリシタンの摘発を目的に設けた制度です。家ごと、個人ごとに仏教信者であることを檀那寺に証明させたもので、その檀家の家 ...

檀家

2020/09/17   -用語集
 

  檀家(だんか)とは、ある特定のお寺に所属している家のことです。これは、江戸時代に、どの家も仏教のいずれかの宗派に所属させ、お寺の檀家とした制度(檀家制度・寺請制度)です。幕府がキリスト教 ...

茶渋や水垢

2020/09/17   -ストーリーズ

  コップや器 普段使うものも いつも同じじゃない 茶渋や水垢が いつの間にか 積み重なる 人にとっては 余計なものに 見えるけど 小さな ちいさな 積み重ねが この世界をつくっている だか ...

お彼岸の読経

お彼岸法要とは お彼岸(ひがん)とは、先祖を偲ぶ大切な期間として、日本では春分の日、秋分の日が祝日となっています。春分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間を春彼岸、秋分の日を中日として前後3日間 ...

お坊さんの話がもっともらしく聞こえる訳(菩提寺記)

  ・・・学校であれば、先生は賢くて偉いんだと思われているから、生徒は話を聞こうとするし、学ぼうとするわけです。 仕事であれば、上司は経験があってリーダーシップを発揮してくれると思われている ...

お彼岸とは?お彼岸は日本独自の文化?

日本の古くからの風習では、ご先祖さまがいると考えられている世界(あの世、極楽、等々)を仏教的な考え方も加わり「彼岸(ひがん)」、いま私たちが生きているこの世界を「此岸(しがん)」といいます。「彼岸」と ...

2020/09/16   -ストーリーズ

  この世界には 境があって 境がない 抽象的に見るか 具体的にどうなっているか その度合いによって 境が見え隠れする どちらかのみ 信頼すると 失敗してしまう ネットがある生活 便利かもし ...

ナムアミダブツには敵いません(曹洞宗 正伝の仏法)

  ・・・母にも「なむしゃかむにぶつ(南無釋迦牟尼佛)」と唱えるように教えますが、どうも難しいようですから「ナムアミダブツ(南無阿弥陀仏)」はどうか、と聞きますと、いとも簡単に「ナムアミダブ ...

草の勝ち

2020/09/15   -ストーリーズ

  しゃがんで 草抜きをしていたせいか 左足の 疲労感が取れない 足の回復よりも 草がのびる方が早い どうにも 皮肉なようだけれど そうやって 草も 生存競争を 勝ち抜いてきたのだろう 手で ...

お彼岸・供養之証による法要依頼(2020年)

▶ 供養之証をメルカリで依頼する ▶ 供養之証をPayPayフリマで依頼する 今年は新型コロナウイルスの影響でお彼岸のお墓参りにも大きな影響が出ると予測されています。心の負 ...

廃寺

2020/09/15   -用語集
 

  廃寺(はいじ)とは、廃止されたお寺、またはお寺を廃止することです。経済的、政策的、天災、戦争など、さまざまな理由でお寺は廃止されてきました。地方の人口減少による廃寺(経済的)、明治時代の ...

ツイッター

2020/09/15   -ストーリーズ

  ツイッターが返ってきた お寺の 情報収集をしていたら 偶然 アカウントの復活を 確認できた 原因不明のアカウント凍結から 数か月 問い合わせしても 返ってこない返答 何の前触れもなく た ...

2020/09/15   -ストーリーズ

  障子の向こう側で 物音がする 外かな いや 中だ どうやら 蜂が 入り込んだ 外に面した 廊下の窓を開ける 蜂は こっちにこない 目の前の 光に向かって 外に出ようとするのみ ちょっと待 ...

「こころの時代」で放映されたものより(曹洞宗 正伝の仏法)

  ・・・僧堂にお迎えする師家として、余語老師とのお出会いがあって、で、余語翠巖老師は大雄山最乗寺の山主でいらっしゃいましたね。その余語老師に御出会いして25年間でしたが、尼僧堂の堂長として ...

今日よく読まれている記事

2020/09/15   -ストーリーズ

  今日よく読まれている記事 を表示している パソコンなら右側に スマホなら下側に 表示される 日によって 傾向が全然違う 時々 のぞいては その日 需要があるページの 情報を追加している ...

お寺の情報

2020/09/15   -ストーリーズ

  お寺の情報 ネット上には いろいろある 間違うのは 仕方ないけれど そのままにはしたくない 住所や地図を 載せることがあるけれど どちらも変わる ずっと 同じじゃない そもそも 間違った ...

暮らし

2020/09/15   -ストーリーズ

  水は 高いところから 低いところへ流れる そんなこと 当たり前だと言う でも 当たり前のことが 当たり前のように できないのが 人だ 流し台やお風呂の水回り 濡れたままだと 水垢が残る ...

2020年(令和二年)のお彼岸はいつですか?秋彼岸編

  秋のお彼岸 最新情報 2020年(令和二年)のお彼岸はいつからいつまででしょうか。日にちは?曜日は?お彼岸の期間について一緒に確認しましょう。 お彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。どうし ...

ペット供養のあれこれ(菩提寺記)

  法事にお宅へお伺いすると、仏壇のそばに最近亡くなったペットの祭壇を設けている場合が何度かありました。事前にご依頼をいただいた法事を行った後に、ペットの祭壇に向かってお経をお唱えして回向。 ...

生活

2020/09/14   -ストーリーズ

  流し台横の 洗い物トレー 今日は つまようじで 細かい汚れまで 取ってもらったから きれいでしょ と 夕食準備に忙しく そんなことは忘れていた 私の視線を奪う 私も きれいにした甲斐があ ...

無駄にはならない

2020/09/14   -ストーリーズ

  お寺のブログやSNS コロナ禍の 坐禅や写経 イベント情報 中止や休みで 途絶えてる 何だか さみしい気がするけれど 仕方ないのか 他に 手立てがないのか 続けてきたものが 止まってしま ...



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.