2021年(令和三年)のお彼岸はいつですか?秋彼岸編

投稿日:

 
秋のお彼岸 最新情報

2021年(令和三年)のお彼岸はいつからいつまででしょうか。日にちは?曜日は?お彼岸の期間について一緒に確認しましょう。

お彼岸には春彼岸と秋彼岸があります。どうして2回あるのかご存知でしょうか?その年によって日にちが違う場合もあります。お彼岸の期間はどのように決められるのでしょうか?

2021年(令和三年)のお彼岸はいつから?いつまで?

秋彼岸(秋のお彼岸)の時期
秋彼岸の期間は、秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間です。お彼岸はいつから始まり、いつまでお彼岸なのか確認しましょう。

2021年(令和三年) 9月20日(月曜)「彼岸の入り」
2021年(令和三年) 9月23日(木曜)「彼岸の中日」秋分の日
2021年(令和三年) 9月26日(日曜)「彼岸の明け」

お彼岸法要とは

お彼岸(ひがん)とは、先祖を偲ぶ大切な期間として、日本では春分の日、秋分の日が祝日となっています。春分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間を春彼岸、秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間を秋彼岸と言います。初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」といいます。その期間、お墓参りに行ったり、仏壇に手を合せたり、それぞれのできる形で先祖を偲びます。様々な都合により、場合によっては寺院都合により、現在ではお彼岸の期間に読経が行えないことも多くなっています。

💡あなたにおすすめ💡
戒名や故人名を含むネット中継・個別法要実施→ZOOMで確認(10000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

💡あなたにおすすめ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養。オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能

<< 戻る

-お彼岸特集(春彼岸・秋彼岸)



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.