「 曹洞宗の出来事 」 一覧

寺院検索

東京都 | 神奈川県 | 埼玉県 | 千葉県 | 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 北海道 | 青森県 | 秋田県 | 岩手県 | 山形県 | 宮城県 | 福島県 | 新潟県 | 長野県 | 岐阜県 ...

『修証義』

『修証義』(しゅしょうぎ)は、おもに道元禅師の著わされた『正法眼蔵』から、その文言を抜き出して編集されたものです。 明冶時代の中ごろ、各宗派では時代に適応した布教のあり方を考える流れがありました。曹洞 ...

no image

大教院開院

1873(明治六)年1月、大教院開院。明治維新当時、新政府は天皇を中心とした神道思想(大教(だいきょう))によって国をまとめあげようと考えました。これを人々に広めるために教導職(きょうどうしょく)が設 ...

no image

宗旨人別帳、寺請檀家制度廃止

1871(明治四)年4月、戸籍法改正され宗旨人別帳、寺請檀家制度廃止。 << 戻る

no image

神仏分離令、廃仏毀釈

1868(明治元)年3月、祭政一致の制を復活。政府神仏分離令出す。廃仏毀釈 によって、寺院仏像などの破却・焼打が各地で起こる。 << 戻る

廣誓寺の移転

1650(慶安3)年 広誓寺が現在地に移転。境内2000余坪(現在は1000坪)に、七堂伽藍を完備した寺院を建立。(公式ページより) << 戻る

no image

宗門改と寺請檀家制度を実施

1640(寛永一七)年、江戸幕府、宗門改役を設置し、宗門改と寺請檀家制度が実施される。宗旨人別帳作成。 << 戻る

三松寺の再建立

江戸時代、大和郡山藩城代家老松平将監供養の為、寛永16年(1639)現在の七条の高台に士族寺として再建立。(参考:瑞雲山 三松寺)

恵運寺 創建

創建:1619年(1621年説もあり) 開山:天巌玄達 開基:山本弥三郎茂成(長昌公)牟呂城城主 天真院星安長昌居士 初代藩主徳川頼宣公と紀州徳川家の武運長久、広厳無窮の安泰と山本家の顕祖長昌公の菩提 ...

久松寺の建立

開基は慶長元年(1596)5月28日、開基者は本多美濃守忠政公。本多忠政公の室、岡崎三郎信康息女熊姫《ユウ姫》また(国姫)(徳川家康、織田信長の孫姫)亡父の菩提の為建立。

龍護寺の創建

応永元年(1394)に開かれたお寺で總持寺五院の如意庵開基、実峰良秀禅師によって開かれました。開創にまつまる竜の伝説が残されていて、伝説に基づく湧き水「龍護水」が今でも境内裏の谷からこんこんと湧き出し ...

立山寺の創建

建徳元年(1370年)に曹洞宗大本山總持寺第二祖峨山紹碩禅師の創設による。全国でもめずらしい、開創は山神と竜神の神霊による開基の寺であり、立山権現と北海大龍女を開基としている。 << 戻る

瑩山禅師、入寂

正中2(1325)年、永光寺を明峰素哲禅師に任せた後、9月29日(陰暦では8月15日)に58歳で入寂されました。曹洞宗一仏両祖のうち、瑩山禅師を太祖と尊称されています。 << 戻る

瑩山禅師、永光寺に退隠

正中元(1324)年8月、總持寺を峨山紹碩禅師に譲り、永光寺に退隠します。 << 戻る

總持寺は官寺となり一宗の大本山となる

元亨2(1322)年、後醍醐天皇より瑩山禅師に信仰上の10種の勅問を下されました。これに対する禅師の奉答により、同年8月28日、總持寺は「曹洞出世の道場に補任」されて官寺となり、一宗の大本山たることが ...

瑩山禅師、諸嶽山總持寺へ

元亨元(1321)年、定賢律師の請いにより能登郡櫛比庄(現在の石川県輪島市)の諸嶽観音堂を譲り受け、寺名を諸嶽山總持寺(そうじじ)と改めました。 << 戻る

瑩山禅師、永光寺開山/坐禅用心記

正和2(1313)年、能登(石川県)に永光寺(ようこうじ)を開き、そこで『坐禅用心記(ざぜんようじんき)』を撰述しました。坐禅の心得を説いた指導書で、『普勧坐禅儀』とともに参禅する者にとって欠くことの ...

瑩山禅師、浄住寺開山

応長元(1311)年、加賀の浄住寺を開きます。 << 戻る

瑩山禅師、大乗寺2世に

乾元元(1302)年、35歳のときに大乗寺2世の住職となり、明峰素哲、峨山紹碩といった弟子達が集まるようになりました。 << 戻る

伝光録

正安元(1299)年、加賀の大乗寺に戻り、正安2(1300)年、義介禅師の代理として大乗寺の修行僧に対し釈尊以来五十三祖の機縁を提唱し、後に『伝光録』としてまとめられます。 坐禅の仏法が釈尊からインド ...

瑩山禅師、道元禅師の袈裟を伝授される

永仁3(1295)年1月14日、義介禅師より道元禅師が自ら縫われた袈裟を伝授されました。その後、阿波国海部郡司が開基した城満寺(現在の徳島県海部郡海陽町)に迎えられ開山となり、また、肥後(熊本県)の大 ...

瑩山禅師、印可を受ける

永仁2(1294)年、上堂にて「平常心是道」の逸話を聞いて大悟され、義介禅師より印可を受けました。 << 戻る

瑩山禅師、三代相論により大乗寺に移る

正応2(1289)年春、三代相論により永平寺を下山した義介禅師に従い加賀(現在の石川県金沢市)の大乗寺に移る。 << 戻る

瑩山禅師、諸国行脚へ

弘安8(1285)年1月、諸国行脚(あんぎゃ)の途に入り、越前大野の宝慶寺(ほうきょうじ)の寂円禅師、京都・万寿寺の宝覚禅師、東福寺の東山湛照や白雲恵暁禅師などさまざまな諸師に訪ね、また比叡山に上って ...

瑩山禅師の出家得度

弘安3(1280)年、13歳のときに永平寺二世である孤雲懐奘禅師について出家得度し、瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)と名を改めました。 << 戻る

瑩山禅師永平寺に入る

観世音菩薩を信仰する母親のもとで育てられた瑩山禅師は、文永12/建治元(1275)年、8歳の時に永平寺に入り、徹通義介禅師の下で沙弥となり修行を始めました。 << 戻る

瑩山禅師誕生

瑩山禅師は、文永5(1268)年11月21日(陰暦では10月8日)に越前多称邑(たねむら)(現在の福井県越前市帆山)の豪族瓜生家で生まれました。道元禅師が亡くなってから15年後のことです。幼名を行生( ...

道元禅師 遷化

建長5(1253)年8月に道元禅師は療養のため京都の俗弟子・覚念の屋敷(京都高辻西洞院)へ行きましたが、建長5(1253)年9月29日(旧暦8月28日)に54歳でその生涯を閉じられました。 << 戻る

道元禅師 永平寺を孤雲懐奘禅師に譲る

建長4(1252)年、夏頃から体調を崩し、建長5(1253)年には永平寺の貫首を弟子の孤雲懐奘禅師(こうんえじょうぜんじ)に譲ります。 << 戻る

道元禅師 鎌倉下向

宝治元(1247)年、執権北条時頼、波多野義重らの招請により、鎌倉に赴き、半年という短期間ではありましたが武士をはじめとする多くの人々を教化されました。 << 戻る

道元禅師 永平寺の建立

如浄禅師の「国王大臣に近づかず、深山幽谷にて仏の道を行じ、仏の弟子を育てなさい」との教えもあり、寛元元(1243)年7月、越前国(福井県)の地頭である波多野義重のすすめで越前志比荘の山中に移り、寛元2 ...

典座教訓

典座教訓(てんぞきょうくん)は、1237年に著された修行道場で食事を担当する役職である「典座」の心がまえを示した書で、道元禅師の撰述です。道元禅師はそれまで日本では注目されることなく軽視されていた典座 ...



Copyright © 2017 - 2019 寺院センター All Rights Reserved.