「 東大寺-奈良県奈良市 」 一覧

大仏様=天竺様

  鎌倉時代に南宋(中国)からつたえられた仏教建築の一様式。天竺様は鎌倉時代初期に東大寺再建のため、南宋に行った経験のある大勧進俊乗坊重源(ちようげん)が取り入れた建築様式で、そのため大仏様 ...

#奈良 #東大寺 #紅葉

#奈良 #東大寺 #紅葉@kojomrmt #奈良 #東大寺 #紅葉 pic.twitter.com/8KotxI2GFj — 森本 公穣 @東大寺 (@kojomrmt) Novembe ...

奈良県奈良市の諸宗派寺院

蓮長寺 日蓮宗 奈良県奈良市油阪町426 唐招提寺 律宗 奈良県奈良市五条町13-46 元興寺 真言律宗 奈良県奈良市中院町11 西大寺 真言律宗 奈良県奈良市西大寺芝町1-1-5 不退寺 真言律宗 ...

栄西禅師、東大寺勧進職に

建永元(1206)年には、重源の後を受けて栄西禅師が東大寺勧進職に就任。 << 戻る

運慶・快慶らが東大寺の南大門金剛力士像をつくる

1203年、運慶・快慶らが東大寺の南大門金剛力士像をつくる。 << 戻る

法然上人、東大寺大勧進職を辞退する

養和元(1181)年、東大寺大勧進職を辞退し、重源を推挙する。 << 戻る

最澄上人、具足戒を受ける

最澄上人は奈良の都に行き、さらに勉学を積みました。そして延暦4(785)年、東大寺で具足戒を受けました。受戒後、比叡山に籠り一人修行を続けます。 << 戻る

正倉院ができる

756年、東大寺の宝庫、正倉院ができる。聖武天皇の遺品などを保存、校倉造り。 << 戻る

東大寺の大仏ができる

752年、東大寺の大仏ができる。天平文化がさかえる。多くの民衆と僧行基の力を借りる。 << 戻る

大仏造立の詔

743年、大仏造立の詔。 << 戻る

東大寺

天平13年(741)に、国分寺・国分尼寺(金光明寺・法華寺)建立の詔が発せられたのに伴い、この金鍾山寺が昇格して大和金光明寺となり、これが東大寺の前身寺院とされる。(リンク先より) ・東大寺 関連情報 ...

国分寺・国分尼寺建立の詔

天平13年(741)、聖武天皇により国分寺・国分尼寺(金光明寺・法華寺)建立の詔が発せられました。また、これに伴い、金鍾山寺が昇格して大和金光明寺となり、これが東大寺の前身寺院とされています。 <<  ...

華厳宗が伝えられる

736年、華厳宗第3祖法蔵(開祖は杜順(557年-640年)、第2祖智儼(602年-668年))門下の審祥によって華厳宗は伝えられました。金鐘寺(後の東大寺)の良弁の招きを受けた審祥は、この寺において ...

聖武天皇と東大寺 - 前身寺院・金鍾山寺建立

奈良時代は、政変・かんばつ・飢饉・凶作・大地震・天然痘の大流行などが相次ぎ、惨憺たる時代でした。このような混乱の中、神亀元年(724)2月、聖武天皇が24歳で即位し、待ちのぞんでいた皇太子基親王が神亀 ...

行基

  行基(ぎょうき・668〜749年)とは、奈良時代に活躍したとされる高僧です。百済系渡来人の子孫として、和泉国(大阪府)に生まれました。諸国をまわって人々に仏教を広め、朝廷から民衆をまどわ ...



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.