埼玉県さいたま市緑区の浄土宗寺院

更新日:

(埼玉県・浄土宗)

法界寺 浄土宗 埼玉県さいたま市緑区寺山1002

※葬儀や法事、法要、墓地、霊園、納骨堂、樹木葬、坐禅、拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。※浄土宗※

埼玉県の寺院便り(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

埼玉県の特色

埼玉県のお盆は他の地域と同じという人もいれば、100軒あれば100通りのお盆があるという人もいます。その中でも特徴的なのは、おはぎぼた餅のお供え、「よろこぶ」に由来する昆布の煮物を供えることが他の地域より多く見られます。
埼玉県北部地域では、参列者全員に小さな「金剛杖」を配る風習があります。男性の参列者にはさらに額に着ける△の白布(「かんむり」と呼ばれる)が配られ、それを身に着けて参列します。かんむりや金剛杖は死装束の一部で、「故人への引導が渡され、三途の川を渡るところまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味があります。
埼玉県では、葬儀・告別式のあとに出棺・火葬をする「後火葬」の地域と、通夜の翌朝、葬儀・告別式の前に出棺・火葬を済ませた後に、葬儀・告別式を行う「前火葬」の地域が混在しています。
秩父などの地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけ、「お見舞い」の表書きを用いた袋を用意することがあります。「入院中にはお見舞いに行けず今になってしまって申し訳ありませんが、どうぞ受け取ってください」という意味の、遺族への気遣いが込められていると言います。

-埼玉県さいたま市緑区の寺院・僧侶を探す



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.