竹林精舎(ちくりんしょうじゃ)

投稿日:2021年4月26日 更新日:

 
竹林精舎とは、インド・ビハール州のラージギルにあります。現地ではVenuvanaといいます。ブッダが竹林精舎に滞在した時代、ラージギルはビンビサーラ王(頻婆娑羅王・びんばしゃらおう)が統治するマガダ国の首都・王舎城(ラージャグリハ)の北門から500メートルに位置しています。また、霊鷲山(りょうじゅせん)は北東へ5キロ程の距離です。

竹林精舎の竹林はブッダに帰依したビンビサーラ王が寄進したものでありました。精舎(ヴィハーラ)は、雨期に出家者が集まって修行する場所のことです。竹林に精舎を寄進したのがカランダ長者でした。ブッダと弟子たちの教えや生活態度に感激して精舎を建立したのだそうです。これが仏教史上で寺院建立の最初といわれています。

竹林精舎ができて間もなく、サンジャヤ(思想家、不可知論者、懐疑論者)の高弟サーリプッタ(舎利弗)モッガーラナ(目連)の2人が兄弟弟子250人とともにブッダに帰依し教団に加わりました。この2人は、後にブッダの1、2を競うような弟子となるのでした。竹林精舎というだけあって、現在でも竹が所々に生えています。中央にはカランダ池があり、その畔で今でもブッダが説法をしているかのように仏像が佇んでいました。

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(3000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.