【仏教用語/人物集 索引】

モッガラーナ(目犍連、目連)

投稿日:0101年3月1日 更新日:

モッガラーナ(moggallaana、मोग्गळान)、目犍連(もっけんれん)、目連(もくれん)、摩訶目犍連(まかもっけんれん)

ブッダ十大弟子の一人で「神通第一」といわれています。マガダ国ラージャグリハ(王舎城)北、コーリカ(拘利迦)村のバラモンの裕福な家系に生まれ、幼名は産まれた村の名前にちなんでコーリタと名付けられました。

容姿端麗で一切の学問に精通していたといわれます。幼い頃から隣村ナーラダのサーリプッタとは仲が良く、ある日、人々が祭りに興じて遊び戯れている姿を見て、無常を感じて出家を共に決意し合ったといわれます。

モッガラーナとサーリプッタマガダ国のラージャグリハの懐疑論者サンジャヤというバラモンに弟子入りしましたが満足せず、「もし満足する師が見つかれば共に入門しよう」と誓い合いました。後にサーリプッタアッサジ(阿説示)">アッサジ(阿説示)に出会いブッダとその法を知ると、モッガラーナに知らせブッダの弟子になることにし、その前に現在の師サンジャヤにも一緒に行こうと誘いましたが断られます。

500人いたサンジャヤの弟子のうち250人がモッガラーナとサーリプッタと共に竹林精舎に行きブッダの弟子となりました。モッガラーナは後に悟りを得て、長老と言われる上足の弟子に数えられ、各地に赴きブッダの教下を助けることになります。

ある時、ブッダは法座に座ったままいつまで経っても説法を始めないので、アーナンダが「ブッダよ、夜も更けましたので、どうかお始め下さい」と言うと、ブッダは「この法座の中に不浄の者がいるので、法を説くことはできない」と言いました。そこでモッガラーナは神通力によって不浄な比丘を見つけ、その法座から追放し、改めてブッダに説法を願ったということがありました。

モッガラーナはブッダの説法を邪魔する鬼神を降伏させたり、異端者や外道を追放したため、多くの恨みをかったこともありました。特に六師外道の一つとされるジャイナ教徒からよく迫害されました。ある時、刺客に家を取り囲まれたが、1度ならずも2度までも神通力で刺客から逃れることが出来ました。

しかし、それが自分が過去世でつくった悪業の結果であることを悟ったモッガラーナは刺客が3度目に来た時には、身をゆだね重傷を負って殉死してしまいます。初期仏教教団において、きわめて重要な地位にあったモッガラーナでしたが、ブッダより早く世を去ることになりました。

<< 戻る

-人物, 仏教を本気で学ぶ, 年表
-, , , ,



Copyright © 1993 - 2024 寺院センター All Rights Reserved.