「 あ 」 一覧

仏教用語集 索引

2020/09/18   -用語集
 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

阿弥陀仏

  西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)の中心にいる仏。浄土教の本尊で、現在も説法し、衆生(人間をふくむすべての生き物)をすくう活動をつづけている。日本では、浄土信仰の興隆にともない、彫 ...

阿修羅

  阿修羅(あしゅら)とは、古代インドの神アスラが仏教に取り入れられたものです。仏教では悪神ともされます。仏教で説く六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天)の修羅(しゅら)が阿修羅の世界とさ ...

甘茶

2020/04/08   -用語集
 

花祭りなどで飲まれる甘茶(あまちゃ)はヤマアジサイの一種から作られます。8月の中旬にその葉を摘んで発酵させ、手でもんで、天日で乾燥させて甘茶の出来上がり。生の甘茶の葉は噛むと苦いですが、発酵させて初め ...

アンドロイド観音について

アンドロイド観音とは、仏教になじみのない人にも触れてもらおうと、1年半をかけて高台寺と大阪大学大学院基礎工学研究科の小川浩平研究チームが総事業費1億円をかけて開発しました。 2019年2月23日アンド ...

no image

阿吽

2017/08/31   -用語集
 

「阿吽(あうん)の呼吸」とよく聞きますが、一般的に寺院の山門にいる仁王さんは向かって左が口を大きく開けて“ア”と言い、右が“ウン”と言っています。“呼吸がピッタリだ!”、“息が合っている!”ということ ...

アジャンタ石窟寺院

  インドのムンバイ(旧・ボンベイ)東北東約350km、マハーラーシュトラ州北部、ワゴーラー川湾曲部を囲む断崖を550mにわたって断続的にくりぬいて築かれた大小30の石窟で構成される古代の仏 ...

『阿弥陀経』

阿弥陀経(あみだきょう)は100年頃にインド文化圏で成立したと考えられている大乗仏教の経典です。もともとの梵語(サンスクリット語)では「スカーヴァティー・ヴィユーハ」(梵: सूखावतीव्यूह, ...

アショーカ王即位

(アショーカ王レリーフ/https://wikipedia.org/より) 紀元前268年(インド)、アショーカ王(阿育王)が即位し、治世9年目にインド亜大陸の東岸で勢力を振るったカリンガ国に戦を仕掛 ...

アーナンダ

アーナンダ(aananda,आनन्द)、阿難 (あなん)、阿難陀(あなんだ) ブッダの従弟であり、十大弟子の一人で「多聞第一」といわれています。nandaは歓喜・慶喜という意味です。釈迦族の王族であ ...

アニルッダ

アニルッダ(aniruddha、अनिरुद्ध)、阿那律(あなりつ) ブッダの従弟であり、十大弟子の一人で「天眼第一」といわれています。釈迦族のドロノダーナ(斛飯王)、あるいはアムリトダーナ(甘露飯 ...



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.