甘茶(あまちゃ)

投稿日:2020年4月8日 更新日:

花祭りなどで飲まれる甘茶(あまちゃ)はヤマアジサイの一種から作られます。8月の中旬にその葉を摘んで発酵させ、手でもんで、天日で乾燥させて甘茶の出来上がり。生の甘茶の葉は噛むと苦いですが、発酵させて初めて甘みがでます。

甘茶は甘味が強いので砂糖の代わりに料理に使われたり、また、ノンカロリーなので糖尿病患者の甘味料として、口中清涼剤や歯磨きの甘味、醤油の味付けなどにも利用されています。

<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.