夜叉(やしゃ)

投稿日:

 
夜叉とは、八部衆の一つ、また、四天王眷属八部鬼衆の一つで、薬叉(やくしゃ)ともいい、勇健鬼(ゆうけんき)という訳名があります。また、捷疾鬼(しょうしつき)という異名もあります。顔かたちが恐ろしい上に、性質が猛悪なインドの鬼神で、インド神話においては夜叉には男と女があり、男はヤクシャ、女はヤクシーもしくはヤクシニーと呼ばれます。

地夜叉・虚空夜叉・天夜叉の3種類があり、地夜叉以外は飛行します。大乗仏典では薬師如来の十二神将や、般若経典を守護する十六善神などが夜叉です。また、集団の名であり、個別の神をさすものではありません。北方を守護する多聞天眷属です。

鬼神の一種で、食人鬼である一方、人間に恩恵をもたらす存在と考えられていました。森林にすむため、聖樹とともに絵図化されることもあります。

💡あなたにおすすめ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→仏事証書で確認(3000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養、OPで戒名授与、開眼、閉眼、動画で確認も可能

-----2-----

<< 戻る

-用語集
-, ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.