ヴァイシャリ - ブッダ最後の旅の出発地(毘舎離)

投稿日:2020年9月30日 更新日:

 
ヴァイシャリはブッダの最後の旅の出発地として仏教の八大聖地の一つに数えられます。古代インドの十六大国の1つヴァッジ国内にあった商業都市です。仏教僧団を意味する「サンガ」(僧伽)という言葉は、元々はこの地域に発生した商工業者の同業組合や共和制を意味する言葉でした。

ブッダが最後の旅立ちが近づいたことを示唆する説法を始めて行われた場所には、ブッダのために猿が掘ったといわれる沐浴池ラーマ・クンドがあります。そのそばにはアショーカ王石柱があり、完全な姿のまま残っています。そこで第二結集も行われました。

ブッダが最後の旅立ちに出発するとき、ケサリヤという町までついてきた人々と別れるときにブッダが托鉢の鉢を与え、アーナンダ(阿難)と2人でクシナガラに向かったといわれています。その鉢をこの地に納めたところにストゥーパが建立されたといわれ、現在は高さ32mのインド最大のストゥーパが残っています。ただし、もともとは46mの世界最大のストゥーパだったと考えられています。

💡あなたにおすすめ💡
法要依頼 お布施5000円~(法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養/オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能)


<< 戻る

-仏教を本気で学ぶ
-



Copyright © 1993 - 2023 寺院センター All Rights Reserved.