「 し 」 一覧

仏教用語集 索引

2020/09/18   -用語集
 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

写経

2020/09/18   -用語集
 

  写経とは、筆・硯・墨・文鎮などを使って仏教経典を書写することです。また、その書写されてできた経典のことを指します。ただし、状況によっては、写経道具として筆ペンやえんぴつ、ボールペンを可と ...

寺院・お寺

2020/09/18   -用語集
 , ,

  寺院・お寺とは、仏教の活動拠点となる建物およびその所在する境内(けいだい)をいいます。精舎(しょうじゃ)、僧伽藍(そうぎゃらん)、伽藍(がらん))、仏刹(ぶっさつ)などとも呼ばれます。イ ...

宗門改

2020/09/17   -用語集
 

  宗門改(しゅうもんあらため)とは、江戸時代に幕府が禁教令の発布に伴い、キリシタンの摘発を目的に設けた制度です。家ごと、個人ごとに仏教信者であることを檀那寺に証明させたもので、その檀家の家 ...

地獄

2020/09/12   -用語集
 

  (1)地獄とは、仏教で説く六道世界の1つです。地下の牢獄を意味し、罪をおかした人間が苦しみ、なやむおそろしい世界が表現されています。 反対語としてよく使われるのは極楽(ごくらく)です。 ...

巡礼

2020/09/12   -用語集
 

  巡礼とは、信仰をもつ人が、聖地や寺・霊場を参拝して歩くことです。キリスト教・イスラム教・仏教の信徒の間で行われており、これらの地をおとずれると、多くのご利益があると信しんじられています。 ...

浄土信仰

2020/09/12   -用語集
 

  浄土信仰とは、阿弥陀仏の救いを信じ、死後、この世の穢土(えど・けがれた世界)を去って、仏の住む西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)に往生(おうじょう)することをねがう信仰。浄土三部経 ...

梵字(サンスクリット・悉曇)

2020/09/12   -用語集
 , ,

  梵字(ぼんじ)は、古代インドの文章語であるサンスクリット(梵語)を書き表すのに用いた一種の表音文字です。いろいろな字体がありますが、日本にはその中の、6世紀から9世紀にかけて中央インドを ...

親鸞聖人・浄土真宗本願寺派・本願寺歴代宗主関連系譜(お西)

2020/09/11   -用語集
 

  第1代 藤原鎌足 【614~669年】 第2代 藤原不比等 【659~720年】 第3代 藤原房前 【681~737年】 第4代 藤原真楯 【715~766年】 第5代 藤原内麿 【75 ...

親鸞聖人・浄土真宗本願寺派・本願寺歴代宗主関連系譜(お東)

2020/09/11   -用語集
 

  第1代 藤原鎌足 【614~669年】 第2代 藤原不比等 【659~720年】 第3代 藤原房前 【681~737年】 第4代 藤原真楯 【715~766年】 第5代 藤原内麿 【75 ...

四聖句

2020/06/12   -用語集
 

四聖句(しせいく)とは、インドから中国へ禅宗を伝えた菩提達磨大師がお亡くなりになった後に中国の宋時代に禅宗で「達磨の四聖句」として定められたと伝えられています。禅とは、経典の言句によるのではなく、自身 ...

直指人心

2020/06/10   -用語集
 

直指人心(じきしじんしん)とは、他人のことばかりを気にせず、自らの心を素直に見つめることによって、自分の可能性を掘り起こすことを意味します。私たちの心の中には、もともと仏心が具わっていることを忘れるこ ...

寺院センターとは

寺院センターという名称は寺院に関わる一人ひとりが中心となって生きられるよう「自灯明・法灯明」の心を表し、更には、新旧大小を問わずそれぞれのお寺が自然と中心になるような場所を表しました。浄土系、禅宗系、 ...

no image

十三仏信仰について説明します

2019/10/23   -用語集
 

十三仏にはそれぞれ忌日があり、初七日忌から三十三回忌にそれぞれ不動明王から虚空蔵菩薩が配されています(動画参照)。この中で初七日忌から四十九日忌までの七日ごとの経過は、既にインドにおいて成立して『倶舎 ...

成道会(じょうどうえ)

12月8日は仏教の開祖お釈迦様が悟りを開かれた日、つまり成道(じょうどう)の日です。シャカ族の王子であったお釈迦様の名はゴータマ・シッダルタといいました。何の不自由もない生活をしていましたが、人生の生 ...

地蔵札

地蔵札(じぞうふだ)というお札を街中や寺院にあるお地蔵さんにを貼る習慣があります。亡くなった時、お彼岸など、全国各地にも地蔵菩薩信仰に基づく似たような習慣があり、その由来についても諸説ありますが、六道 ...

十三回忌法要(じゅうさんかいき)

十三回忌とは、お亡くなりになってから12年後、同じ月、同じ日の祥月命日に行う法要です。様々な都合により、現在では祥月命日に行えないことも多くなっています。 ▶ 供養之証(950円)で故人 ...

七回忌法要(しちかいき)

七回忌とは、お亡くなりになってから6年後、同じ月、同じ日の祥月命日に行う法要です。様々な都合により、現在では祥月命日に行えないことも多くなっています。 ▶ 供養之証(950円)で故人名や ...

『自我偈』

妙法蓮華経如来寿量品偈。通称、自我偈(じがげ)です。妙法蓮華経(法華経)の16番目の経典で、「自我得仏来」の言葉からはじまるので、自我偈と呼ばれています。釈迦牟尼仏の命は永遠であることが語られ、仏は迷 ...

四十九日法要(しじゅうくにち)

四十九日法要とは、別名、満中陰(まんちゅういん)、大練忌(だいれんき)、尽中陰(じんちゅういん)、七七日(なななのか)ともいい、お亡くなりになられた当日を含めて49日目の日というのが一般的です。現在、 ...

初七日(しょなのか)

初七日(しょなのか)とは、お亡くなりになられた当日を含めて7日目というのが一般的です。現在、葬儀告別式当日に「繰上初七日」「式中初七日」として行うことが多くなっています。初七日の次は二七日、三七日と続 ...

no image

十八界

2017/08/31   -用語集
 

六根・六識・六界の十八界(じゅうはっかい)(眼界・耳界・鼻界・舌界・身界・意界・色界・声界・香界・味界・触界・法界・眼識界・耳識界・鼻識界・舌識界・身識界・意識界) << 戻る

no image

七仏通誡偈

2017/08/31   -用語集
 

諸悪莫作 (しょあくまくさ)   諸の悪を作すこと莫れ 衆善奉行 (しゅぜんぶぎょう) 衆の善を奉行せよ 自浄其意 (じじょうごい)    自ら其の意を浄うせよ 是諸仏教 (ぜしょぶっきょう) 是れ諸 ...

no image

四向四果

2017/08/31   -用語集
 

四向四果 (しこうしか)は大きく2つに分けられます。 部派仏教や上座部仏教の修行の目標を示す四向(しこう)は預流向(よるこう)、一来向(いちらいこう)、不還向(ふげんこう)、阿羅漢向(あらかんこう)の ...

法隆寺は聖徳宗に,

第2次大戦後の1950年、法隆寺は聖徳宗を名乗って法相宗から離脱した。 << 戻る

『修証義』

『修証義』(しゅしょうぎ)は、おもに道元禅師の著わされた『正法眼蔵』から、その文言を抜き出して編集されたものです。 明冶時代の中ごろ、各宗派では時代に適応した布教のあり方を考える流れがありました。曹洞 ...

神仏分離令、廃仏毀釈

1868(明治元)年3月、祭政一致の制を復活。政府は神仏分離令出す。廃仏毀釈によって、寺院仏像などの破却・焼打が各地で起こる。 廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)はゆきすぎた仏教廃止運動でした。明治維新の復 ...

蓮如、『正信偈』・『三帖和讃』開板

1473(文明五)年3月、蓮如上人、『正信偈』・『三帖和讃』開板。 << 戻る

善興寺第41世俊乗法師と蓮如上人

文明5年(1473)、善興寺第41世俊乗法師は、越前吉崎を拠点に北陸地方を巡教していた本願寺第8世の蓮如上人の教化に遇い、浄土真宗に帰依します。 << 戻る

『正信偈和讃』の勤行がはじまる

浄土真宗で『正信偈和讃(しょうしんげわさん)』をお勤めするようになったのは、本願寺第8世蓮如上人(1415~1499年)が越前の吉崎(福井県あわら市吉崎)にいた文明5年(1473年)からです。それまで ...

『親鸞伝絵』(康永本)成る

1343(康永二)年11月、『親鸞伝絵』(康永本)成る。 << 戻る

一遍上人、熊野での成道(時宗の開宗)

文永11年(1274)、遊行・賦算をしながら、熊野へ向かっていた道中、ある出来事が一遍上人を思い悩ませます。熊野山中で出会った一人の僧に念仏札を受けるように勧めたときに、信心が起こらないので受け取れな ...



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.