山形県天童市の浄土真宗寺院

投稿日:2018年10月28日 更新日:

善行寺 浄土真宗本願寺派 山形県天童市小路2-1-45
常得寺 浄土真宗本願寺派 山形県天童市大字蔵増甲1104
西称寺 浄土真宗本願寺派 山形県天童市大字蔵増甲1061
正覚寺 浄土真宗本願寺派 山形県天童市大字高木584
善行寺 真宗大谷派 山形県天童市大字天童甲641
緑陰寺 真宗大谷派 山形県天童市大字成生603
即円寺 真宗大谷派 山形県天童市大字荒谷53
徳正寺 真宗大谷派 山形県天童市大字奈良沢乙431
願行寺 真宗大谷派 山形県天童市大字高擶北130
常得寺 真宗大谷派 山形県天童市大字蔵増甲1139
誓賢寺 真宗大谷派 山形県天童市大字蔵増甲1083

葬儀や法事永代供養戒名授与祈願や厄除け魂入れ(開眼)魂抜き(閉眼)法要墓地霊園納骨堂樹木葬坐禅拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。

新型コロナの影響で、感染症対策として三密を避けるなどの対策が必要となっていますが、寺院も例外ではなく、当ウェブサイトの過去の情報と現在の状況は異なっている場合があると考えています。

これまでお寺とお付き合いがない人も、オンライン法要を利用することで、戒名などを知らせて読経・回向をしてもらい、オンライン証書供養之証・回向之証を送付してもらうサービスもあります。※浄土真宗※

山形県の掲載寺院一覧を見る(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

山形県の特色

お盆にお供えするものとしてあべかわ餅ほうとうがよく使われます。郷土料理を供える意味合いが大きいようです。
山形県ではお盆の時期に親戚の家に行ってお仏壇に手を合わせると、子どもに「お盆玉」と言って「お年玉」と同様にもらえる風習があります。江戸時代、お盆は「藪入り(やぶいり)」といって、商家に奉公する人たちにとっては、お休みをもらって実家に帰ることが許され、親元に帰る奉公人に対して衣類や下駄などをあげる風習がありました。この風習が時代と共に変化し、昭和のはじめのころには、子どもたちにお小遣いをあげるようになりました。これがお盆玉の由来と言われています。
山形県の一部地域では「告げ人」という風習がありました。故人の菩提寺に連絡する際に、男性2人組で出向いて告げる風習です。告げ人は、忌を避けるために男性2人一組となって動くのが基本で、1人では知らせに行きません。
山形県では通夜を「おつうや」と呼び、「念仏講」や「観音講」の人が集まって御詠歌を唱和します。
通夜の翌朝、葬儀・告別式の前に火葬をする「前火葬」の地域です。特に都市部以外の地域では、火葬後は自宅や式場ではなく、寺院で葬儀・告別式を行う場合も多いようです。
葬儀終了後の当日に、三十五日(五七日)法要までが行なわれる場合があります。埋葬は七七日の忌明けに行なわれます。

-市区町村の宗派別寺院一覧
-,



Copyright © 1993 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.