仏殿(ぶつでん)

投稿日:

 
仏教寺院において仏像を安置し、礼拝供養するための建物を一般的に仏堂(ぶつどう)と呼び、その中でも中心となる仏堂を一般的に本堂といいます。釈迦如来を本尊としている曹洞宗・臨済宗・黄檗宗などの禅宗寺院では、中心となる本堂を仏殿、大雄寶殿(だいゆうほうでん・だいおうほうでん)と呼ばれる場合が多くあります。仏殿、大雄寶殿は七堂伽藍の中心部に配置されています。なお、東大寺大仏殿など、禅宗寺院以外でも仏殿と呼ばれる建物は多くあります。

一般的な仏殿の外観の特徴としては、小さな斗(ます)や肘木(ひじき)を整然と積み上げ、周囲に幅の狭い裳階(もこし)をめぐらして、全体的に背丈の高い外観を作り出していることがあげられます。また堂内は、空間に垂直感をもたらしています。その他、基壇上に礎石と礎盤(そばん)を置き、柱はその礎盤の上に立ち、上下に粽(ちまき)を付けて互いに貫(ぬき)や台輪(だいわ)で連ねられています。寺院によって、建てられた年代、建築様式は異なるため、見比べる楽しみもあります。


(萬福寺 大雄寶殿)

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(3000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-用語集
-, ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.