滋賀県彦根市の浄土宗寺院

投稿日:2018年10月26日 更新日:

👍2 来迎寺 浄土宗 滋賀県彦根市本町1-7-17
観智院 浄土宗 滋賀県彦根市戸賀町26
了法寺 浄土宗 滋賀県彦根市葛篭町167
大信寺 浄土宗 滋賀県彦根市本町1-8-37
宗安寺 浄土宗 滋賀県彦根市本町2-3-7
常光寺 浄土宗 滋賀県彦根市南三ツ谷町1870
円常寺 浄土宗 滋賀県彦根市城町2-4-62

葬儀や法事永代供養戒名授与祈願や厄除け魂入れ(開眼)魂抜き(閉眼)法要墓地霊園納骨堂樹木葬坐禅拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。

新型コロナの影響で、感染症対策として三密を避けるなどの対策が必要となっていますが、寺院も例外ではなく、当ウェブサイトの過去の情報と現在の状況は異なっている場合があると考えています。

これまでお寺とお付き合いがない人も、オンライン法要を利用することで、戒名などを知らせて読経・回向をしてもらい、オンライン証書供養之証・回向之証を送付してもらうサービスもあります。※浄土宗※

滋賀県の掲載寺院一覧を見る(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

滋賀県の特色

滋賀県甲賀市の三大寺では毎年8月13日、お盆に帰ってくる先祖の霊が道を迷わないように灯される迎え火として、地区をあげて広々とした田圃に 1500本のローソクが灯され、花火も上げられます。
滋賀県ではお葬式の際に僧侶が故人にかみそりを当てるという儀式が多く見られます。これは「おかみそり」という仏教の儀式です。
滋賀県で自宅葬を行うときなどは、出棺時、玄関以外の場所から棺を出します。縁側がある家は縁側から、中には窓から棺を運び出すという場合もあるといいます。人が出入りする場所である玄関を、死者の魂が出入りしないようにという意味があります。
滋賀県の郡部などの一部地域では、隣組など近隣の住民が参列するときには、お葬式の前ではなくお葬式が終わった後に香典を渡す風習が見られます。これは、初七日や葬儀・告別式が終わった翌日の会食に招待された時に、お香典を持参する「こうぎ」と呼ばれる風習です。
▶ 今日、あなたにおすすめする動画はこちら!

-【市区町村の宗派別寺院一覧】, 滋賀県彦根市の寺院・僧侶を探す
-



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.