岡山県瀬戸内市の曹洞宗寺院

投稿日:2017年10月23日 更新日:

興禅寺 曹洞宗 岡山県瀬戸内市邑久町虫明4633

葬儀や法事法要墓地霊園納骨堂樹木葬坐禅拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。

新型コロナの影響で、感染症対策として三密を避けるなどの対策が必要となっていますが、寺院も例外ではなく、当ウェブサイトの過去の情報と現在の状況は異なっている場合があると考えています。

これまでお寺とお付き合いがない人も、オンライン法要を利用することで、戒名などを知らせて読経・回向をしてもらい、オンライン証書供養之証・回向之証を送付してもらうサービスもあります。※曹洞宗※

岡山県の掲載寺院一覧を見る(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

岡山県の特色

岡山地域では一般的に、7月31日から8月31日まで切子灯籠(きりことうろう)を軒下や窓際などに吊るし、8月13日の夕方に迎え火を焚きご先祖さまの霊をお迎えします。8月13日から8月16日までのお盆期間中は精進料理でもてなします。そして、16日の夕方に送り火を焚いてご先祖さまの霊を送ります。
岡山県では通夜のことを「夜伽(よとぎ)」あるいは「(とぎ)」と呼ぶことがあります。行うことは、故人が寂しくないように夜を一緒に過ごすという「通夜」と同じようです。
岡山県の一部では出棺の際に鳩を空に放したり、池や川に魚を逃がしたりする地域があります。これは「放生(ほうじょう)」という仏教の善行の一つで、こうした善行を行うことで故人に徳を積ませ、あの世で優遇されるようにとの思いが込められているという説があります。
岡山県では、出棺前に故人と最後の膳を囲む行事として、「立飯(たちは)」という風習があります。
▶ 今日、あなたにおすすめする動画はこちら!

-【市区町村の宗派別寺院一覧】, 岡山県瀬戸内市の寺院・僧侶を探す



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.