ウルヴェーラの苦行林(前正覚山)

投稿日:0100年11月15日 更新日:

ウルヴェーラの苦行林は漢訳では前正覚山(ぜんしょうがくざん)といい、お釈迦様がブッダになる前のシッダルタと呼ばれていた時に修行を行った場所です。修行をするということは苦行を積むというのがインドでは一般的であったので、シッダールタも修行者が多く集まるガヤー(インド)に向かいました。シッダルタは、このウルヴェーラの苦行林に入り、6年間の苦行を続けました。

断食の苦行、息を止める苦行、草だけを食べる苦行、牛糞を食べる苦行、イバラに身を横たえる苦行、ずっと立っている苦行、灼熱の太陽を凝視する苦行、墓地で死体とともに暮らす苦行、何が起きてもじっと耐えて坐禅する苦行など、普通では耐えられない苦行を繰り返したために、周囲の苦行者から「シッダルタはすでに死んだ」と思われたこともあったといいます。

(写真撮影 2005/9/13)

<< 戻る

-年表, 用語集
-, , , , ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.