愛媛県西条市の真言宗寺院

投稿日:2018年8月4日 更新日:

極楽寺 石鎚山真言宗 愛媛県西条市大保木4-36
興隆寺 真言宗醍醐派 愛媛県西条市丹原町大字古田甲1657
金性寺 高野山真言宗 愛媛県西条市北条345
徳蔵寺 高野山真言宗 愛媛県西条市広江364-1
大福寺 高野山真言宗 愛媛県西条市荒川2-37
宝積寺 高野山真言宗 愛媛県西条市三津屋139
安養寺 高野山真言宗 愛媛県西条市丹原町明穂乙296
神宮寺 高野山真言宗 愛媛県西条市楠甲1374
道安寺 高野山真言宗 愛媛県西条市楠甲896
安楽寺 高野山真言宗 愛媛県西条市丹原町湯谷口306
神護寺 高野山真言宗 愛媛県西条市北条543
正善寺 高野山真言宗 愛媛県西条市丹原町今井141-1
福寿院浄明寺 高野山真言宗 愛媛県西条市丹原町大字田野上方1467
法安寺 高野山真言宗 愛媛県西条市小松町北川長丁157
清楽寺 高野山真言宗 愛媛県西条市小松町新屋敷甲1876
栴檀寺 高野山真言宗 愛媛県西条市楠乙454
宝寿寺 高野山真言宗 愛媛県西条市小松町大字新屋敷甲428
妙雲寺 高野山真言宗 愛媛県西条市小松町妙口甲716
万蔵院行者堂 真言宗醍醐派 愛媛県西条市小松町大字石鎚字上黒河3
密乗院 真言宗醍醐派 愛媛県西条市周布982-3
金仙寺 真言宗醍醐派 愛媛県西条市丹原町大字徳能甲760
萬福寺 真言宗醍醐派 愛媛県西条市丹原町大字関屋甲140
大徳院 真言宗醍醐派 愛媛県西条市安用1056/寺務所=〒799-1317西条市実報寺甲758実報寺内
東光寺 真言宗醍醐派 愛媛県西条市丹原町大字川根甲342
明長寺 真言宗醍醐派 愛媛県西条市丹原町大字明河乙344
成願寺 真言宗醍醐派 愛媛県西条市丹原町大字池田885
切河寺 真言宗東寺派 愛媛県西条市氷見町切川丙1131
吉祥寺 真言宗東寺派 愛媛県西条市氷見乙1048
岡林寺 真言宗東寺派 愛媛県西条市氷見町尾土居丙298
願蓮寺 真言宗東寺派 愛媛県西条市丹原町大字願蓮寺甲305
金剛院 真言宗御室派 愛媛県西条市福武甲1447
吉祥庵 真言宗御室派 愛媛県西条市玉津410
補陀洛寺 真言宗御室派 愛媛県西条市禎瑞202
宝蓮寺 真言宗御室派 愛媛県西条市朔日市543
大通寺 真言宗御室派 愛媛県西条市神拝甲312
西福寺 真言宗御室派 愛媛県西条市下島山1940
王至森寺 真言宗御室派 愛媛県西条市飯岡3021
萬頃寺 真言宗御室派 愛媛県西条市安知生407-1
善誓寺 真言宗御室派 愛媛県西条市大師町200
久妙寺 真言宗御室派 愛媛県西条市丹原町久妙寺193
医王院 真言宗御室派 愛媛県西条市河之内甲447
円満寺 真言宗御室派 愛媛県西条市旦之上甲1237
光明寺 真言宗御室派 愛媛県西条市三芳1603
実報寺 真言宗御室派 愛媛県西条市実報寺甲758
横峰寺 真言宗御室派 愛媛県西条市小松町石鎚2253
十地院 真言宗御室派 愛媛県西条市旦之上甲543
興照寺 真言宗大覚寺派 愛媛県西条市壬生川373
坂中寺 石鎚山真言宗 愛媛県西条市黒瀬甲959
光昌寺 石鎚山真言宗 愛媛県西条市黒瀬淵之上乙213

葬儀や法事永代供養戒名授与祈願や厄除け魂入れ(開眼)魂抜き(閉眼)法要墓地霊園納骨堂樹木葬坐禅拝観などで寺院所在地が知りたい場合等の確認にご利用ください。

新型コロナの影響で、感染症対策として三密を避けるなどの対策が必要となっていますが、寺院も例外ではなく、当ウェブサイトの過去の情報と現在の状況は異なっている場合があると考えています。

これまでお寺とお付き合いがない人も、オンライン法要を利用することで、戒名などを知らせて読経・回向をしてもらい、オンライン証書供養之証・回向之証を送付してもらうサービスもあります。※真言宗※

愛媛県の掲載寺院一覧を見る(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

愛媛県の特色 

愛媛県の宇和島周辺では、お盆のお墓参りで花串を供える風習があります。花串とは20cm程の竹のヘラに、蓮の花のかたちに切り抜かれた紙が貼り付けられたものです。
愛媛県の一部では、出棺の際に近親者4人で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回す「三度回し」「棺回し」などと呼ばれる風習があります。棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられたり、回るという儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも考えられたりしています。
愛媛県では、出棺の際に故人が使っていた茶碗が遺族の手で割られます。このとき、送り火をたきながら行ったり、炒った大豆を茶碗に入れて割ったりと、地域によって作法はまちまちです。
愛媛県の一部地域では、出棺の際に遺族が額に△の白布つけるという風習が見られます。この△の白布は死装束のひとつで、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれています。白布を身につけることによって、「故人が旅立つまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められています。

-市区町村の宗派別寺院一覧
-, ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.