鞍作鳥

更新日:

 
鞍作鳥(くらつくりのとり)とは、7世紀初せいきはじめごろ、飛鳥時代の代表的な仏像彫刻師です。渡来人で仏教をつたえたといわれる司馬達等(しばたっと)の孫で、止利仏師(とりぶっし)ともいわれ、聖徳太子に用いられました。その作風には北魏(ほくぎ・中国)の影響が見られます。代表作に法隆寺金堂の釈迦三尊像があります。「鳥」は「止利」とも書かれます。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.