法輪山 了徳寺

更新日:

法輪山 了徳寺は、正西法師によって建てられ、通称「大根焚寺」とも呼ばれております。御本尊は、聖徳太子自ら桂の木を彫ってつくり、応仁の乱後、安置されたと伝えられる阿弥陀如来像です。その阿弥陀如来像の横には鎌倉時代の仏師 湛慶(たんけい)の作とされる親鸞聖人坐像がございます。(リンク先より)

法輪山 了徳寺

関連情報:供養之証をメルカリで依頼する 供養之証をPayPayフリマで依頼する

-便り
-, , , ,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.