ミッドナイト念仏

投稿日:

 
ミッドナイト念仏とは、夜から翌朝まで木魚を打ち「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と念仏を称える行事であり、主に浄土宗総本山知恩院で行われています。1996年9月に初開催され(おてつぎ運動30周年記念「MAKINGサラナ」の諸行事のうちの一つ)、1997年からは毎年4月18日に「ミッドナイト念仏 in 御忌」として国宝三門楼上で夜の8時から翌朝7時までの12時間、木魚を打ち念仏を称える行事が行われています。

御忌(ぎょき)とは、法然上人の忌日法要で毎年4月に知恩院で行われています。なお、2011年は東日本大震災のため中止、2020年は新型コロナウィルス感染予防のため中止となりました。例年は、誰でも参加でき、受付は随時行われるため、都合のよい時間に参加することができることから、これまでに多くの人が参加されました。

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-用語集
-,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.