大日如来(だいにちにょらい)

投稿日:2020年9月20日 更新日:

 
大日如来について、このページでは主に造像さた仏像としての大日如来について書きます。もともとの梵名は「ヴァイローチャナ」または「マハーヴァイローチャナ」(諸説あり) といい、それを音写して「摩訶毘盧遮那如来(まかびるしゃなにょらい)」、「マハー」は「大きい」、「ヴァイローチャナ」は「太陽」の意味で、意訳して大日如来と呼ばれます。また、大光明遍照(だいこうみょうへんじょう)とも呼ばれることもあります。如来とは悟りを開いた仏の姿です。

大日如来は、蓮華座に結跏趺坐し、頭に宝冠(ほうかん)、胸には瓔珞(ようらく)、 肩から手首までには臂釧(ひせん)、腕には腕釧(わんせん)をつけ、如来の中でも特別な王者の姿で表されるいます。そして、他の如来や菩薩、明王など全ての仏は大日如来の化身とされています。宇宙の中心であり、宇宙の真理そのものであると考えられています。大日如来は『金剛頂教』や『大日教』で説かれていますが、毘盧遮那如来はそれ以前に『華厳教』や『梵網教』で説かれており、大日如来は毘盧舎那如来をさらに進化させた仏であるとの解釈もあります。

大日如来は、悟りへの道筋を表す金剛界と慈悲の広がりを表す胎蔵界の二つの姿があり、金剛界の大日如来は、左手親指を中に入れて人差し指を立てた拳をつくり、 立てた人差し指の二節から上を右手の拳で握り込む形。「最高の智」を表す、智拳印(智賢印・智剣印)を結んでいます。胎蔵界では、両手のひらを上向に、左手の上に右手の甲を重ね、 両方の親指を軽く触れ合わせる形。「最高の悟り」を表す、法界定印を結んでいます。


(大日如来 東寺講堂蔵)

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-用語集
-, ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.