供養之証による法要/依頼方法

更新日:

供養之証をメルカリで依頼する
供養之証をPayPayフリマで依頼する

A4用紙に戒名や故人名および供養内容などを印刷し硬質カードケースに入れたものを作成し、伝統仏教のお坊さんが読経・回向で戒名などを読み上げた後に発送します。法要内容【告別、初七日、2七日、3七日、4七日、5七日、6七日、満中陰49日忌、百箇日忌、1周忌、3回忌、7回忌、13、17、23、27、33、50回忌、お彼岸、お盆、月命日、水子供養、追善供養】など。

一般的に言われる施主(家の代表者)でなくても、誰もが供養したいという気持ちを形にできます。1枚には供養対象者1名・供養内容1つのみ記入できる仕様です。依頼成立年月を供養之証に記入します。

同じ内容のものを複数作成して親戚や知人に配る、違う内容(供養したい人数分)のものを複数作成することも可能です。
詳しくは依頼ページをご確認ください。

供養之証をメルカリで依頼する
供養之証をPayPayフリマで依頼する

供養之証をメルカリで依頼する
供養之証をPayPayフリマで依頼する

-便り, 法要, 用語集
-,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.