弥勒菩薩

更新日:

 
ブッダの入滅(にゅうめつ)後56億7000万年ののち、仏になると約束された菩薩です。弥勒(みろく)は音写であり、「慈しみ」(梵: maitrī, 巴: mettā)を語源とするため、慈氏菩薩(慈しみという名の菩薩)とも意訳されます。

『法華経』に説かれる重要な菩薩で、ブッダの弟子となり、仏教伝道のうえで大きな役割をはたした菩薩ですが、現在、法華経信仰者の間では、末法(まっぽう)における法華経の行者をさしていうことがあります。

日本でも弥勒信仰が早くから行われ、多くの絵画・彫刻をのこしていますが、仏像でのすがたは半跏思惟像(はんかしゆいぞう)で表され、中宮寺(奈良県)・広隆寺(京都府)のものが有名です。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-, ,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.