檀家

投稿日:

 
檀家(だんか)とは、ある特定のお寺に所属している家のことです。これは、江戸時代に、どの家も仏教のいずれかの宗派に所属させ、お寺の檀家とした制度(檀家制度・寺請制度)です。幕府がキリスト教禁止をねらいとして宗門改(しゅうもんあらため)を行ったことから確立したものです。お寺にその檀家の家族全員について、出生地・生年月日をとどけさせ、婚姻・旅行・就職・移住などに際しては、キリシタン信徒ではなく、寺の檀家であるという証明書を出させました。

現代では、主に檀家の葬祭供養を行う関係となっています。お寺によって檀家との関係性は違いますが、新たに檀家になるには基本的に従来の檀家の了解がいる場合が多くあります。また、お寺を運営するために墓地を購入する際に檀家にならなければいけないところもあります。複数のお寺の檀家になることは、あまりありません。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.