「 1336年 」 一覧

常福寺

南北朝時代の延元年中(1336~1339)に了実上人によって開山。その後第二世了誉上人の嘉慶2年(1388)の僧坊が焼失したため瓜連城址に移転し、応永12年(1405)に再建された。その背景には佐竹氏 ...

no image

南北朝の対立

1336年、南北朝の対立。 南朝・・・後醍醐天皇は吉野にのがれ、そこで政治を続けようとした。 北朝・・・京都に入った足利尊氏は、新しい天皇をむかえた。 << 戻る



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.