生命は死んでもなお、輝いているものですね

投稿日:2018年12月27日 更新日:

ある時、父親が病に臥せていることを風の便りに聞くのですが、自分は父の死を聞かされても、きっと絵筆は離さないだろうと予想しておりました。それ程、母と自分を捨てて、自分勝手に生きてきた父親には強い憎しみを抱いていたといいます。(リンク先より)

生命は死んでもなお、輝いているものですね

-便り
-, ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.