正定山幸國寺(こうこくじ)

更新日:

寛永七年(一六三〇)に当寺は創建されました。人心が疲弊した時代が終焉を迎え、人々の平和への願いが、「幸せに暮らすことができる国の寺」という名に込められています。当寺を開いたのは、加藤清正公です。清正公は戦国武将随一の国づくりの才を持ち、土木の才に長け、人々の生活の向上に尽力しました。清正公は、日蓮大聖人の「立正安国(正しい教えを信じ、平和・平安を実現する)」の志の体現者だったのです。(リンク先より)

正定山幸國寺(こうこくじ)

-便り
-, , ,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.