東司(とうす)はこのように使われていた

投稿日:


(2008年撮影の東福寺・東司内/事故前)

先日の東福寺境内にある重要文化財の木造建築「東司(とうす)」の出入り口にバックで突っ込み、観音開きの木製扉を破壊して完全に建物内部まで入り込むという事故のニュース動画や写真に写っていた絵についてお問い合わせがあったので、上に掲載しました。2008年撮影のものです。

現在はトイレとして使用していない訳ですが「使用されていた当時はこのように使われていましたよ」という絵ですね。禅寺にとって東司は三黙道場(さんもくどうじょう)の一つで、大事な修行の場所でもあります。

もっと詳しく:東司(とうす)
参照ページ:京都・東福寺、重要文化財のトイレに車突っ込み扉損壊 国内最古「誤ってアクセル」(京都新聞/リンク期限切れになる場合あり)
参照ページ:「日本最古のトイレ」に車突っ込み損壊 東福寺の重文(産経新聞/リンク期限切れになる場合あり)

💡あなたにおすすめ💡
法要依頼 お布施3000円~(法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養/オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能)


<< 戻る

-便り
-,



Copyright © 1993 - 2023 寺院センター All Rights Reserved.