斎藤茂吉(さいとう もきち)

投稿日:1953年2月25日 更新日:

 
歌人、精神科医。伊藤左千夫門下であり、大正から昭和前期にかけてのアララギの中心人物。精神科医としては青山脳病院の院長を務めた。長男は精神科医で随筆家の「モタさん」こと斎藤茂太、次男は精神科医・随筆家・小説家の「どくとるマンボウ」こと北杜夫で、随筆家の斎藤由香はこの北杜夫の娘にあたる。

生誕 1882年(明治15年)5月14日

命日 1953年(昭和28年)2月25日

赤光院仁誉遊阿暁寂清居士

💡あなたにおすすめのページ💡
歴史上の人物や尊敬する人に祈りを捧げるなど、思いを形にできます。▶ 供養対象者のお名前や戒名を読み法要実施→回向動画で確認(1000円)/依頼方法

<< 戻る

-人物
-, , , , , ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.