宝清寺(ほうせいじ)ホームページ

更新日:

身延山久遠寺の末寺で、開山は法清院日億上人、開基は青木勘左衛門(武田勝頼の縁者)です。青木勘左衛門は、甲州武田勝頼公滅亡後、関東に入国した徳川家康に見出され、このあきる野市小川の地を賜り、戦国時代に滅んだ武士達の霊を弔うために出家し、元和年間(1615~1624)甲斐国雨利郷(山梨県韮崎市旭町付近)にあった東照山教林寺をこの地に移し東照山法清寺と号し創立しました。(リンク先より)

宝清寺(ほうせいじ)ホームページ

-便り
-, , ,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.