七面山 七寶寺

更新日:

当山は釈迦ケ嶽七面山七寶寺と号す。もと真言の行場(霊場)であったと思われる。江戸時代に入って、慶長五年(1600)ごろから領主能勢頼次公の外護のもとに、本満寺
貫首(のち身延山中興第二十一世)寂照院日乾上人とその一門によって、能勢領内が教化されて、法華経・御題目が流布された。(リンク先より)

七面山 七寶寺

-便り
-, , ,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.