「クマガイ草歌碑建立へ」(東京新聞TOKYOWeb)配信 | 熊谷学ラボラトリー

投稿日:2018年12月5日 更新日:

金子さんらによると、クマガイソウは「熊谷草」とも書く。花の形が、熊谷市の熊谷寺(ゆうこくじ)を菩提(ぼだい)寺とする平安時代末期~鎌倉時代初期の武将・熊谷(くまがい)次郎直実(なおざね)が矢などを防ぐために馬上で背負っていた母衣(ほろ)の形に似ていることから名付けられたという。(リンク先より)

「クマガイ草歌碑建立へ」(東京新聞TOKYOWeb)配信 | 熊谷学ラボラトリー

-便り
-



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.