善哉(ぜんざい)

投稿日:2021年4月10日 更新日:

 
善哉とはお経の中に出てくる言葉で、お釈迦さまが弟子を褒める時に使います。サンスクリット語の素晴らしいを意味する「sadhu」の漢訳です。漢字をそのまま読めば「よきかな」ということです。絵本やテレビで、とんちの一休さんというお坊さんが出てきますが、室町時代に京都にいた禅宗僧侶である一休宗純がモデルです。食べ物の「ぜんざい」の由来に一休さんが関わっているという話題が伝えられています。

ある時、弟子の一人がつくった餅入りの小豆汁を食べましたが、その小豆汁があまりにもおいしく、感嘆の言葉をあげました。それが、「善哉此汁(ぜんざい・このしる/よきかな・このしる)」という言葉だったのだそうです。ちなみに、関東では、餅の上にあんこを乗せた汁気のないものを「ぜんざい」といいますが、関西では、粒あんの汁に餅をいれたものを「ぜんざい」といいます。

💡あなたにおすすめ💡
法要依頼 お布施3000円~(法事や葬儀告別供養、祈願、ペット供養/オプションで戒名授与、開眼、閉眼も可能)


<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 1993 - 2022 寺院センター All Rights Reserved.