禅宗の流れ - 簡単な説明

投稿日:

 
お釈迦様の説かれた教えを仏教といいますが、お釈迦様から正しく伝えられた教えを正法といいます。禅宗では、その正法は28代目の菩提達磨大師に受け継がれ、インドから中国に伝わりました。

菩提達磨大師より6代目の祖師に大鑑慧能禅師(638~713年)がいました。六祖慧能禅師とも呼ばれます。その慧能禅師より3代をへて、百丈懐海禅師(749~814年)は『百丈清規』で禅宗の規則を制定し、唐代のころより禅宗は叢林(寺院)の形態を整えていきます。「一日作さざれば、一日食らわず」という言葉は、百丈禅師の言葉です。

慧能禅師の頃、南岳懐譲禅師(677~744年)、青原行思禅師(?~740年)の二大弟子がいました。数代をへるうちに、禅宗は、雲門宗、 仰宗、法眼宗、曹洞宗、そして臨済宗の五宗に分かれます。また臨済宗は楊岐派、黄龍派の二派に分かれ、これを総称して五家七宗と呼んでいます。この五家七宗の呼称は、各宗祖の禅的個性、宗風によって分かれたものであって、お釈迦様以来の正法を伝えているのに変わりはありません。

日本へ禅がもたらされらのは、主に鎌倉・室町時代です。日本へ渡来した禅、もしくは、日本人が中国で学んで持ち帰った禅は、四十六伝あったといわれますが、そのうち、法を受け継ぐ弟子ができ、流派を成したものは二十四流とされます。

現在、臨済宗には妙心寺派、南禅寺派など15の本山と、黄檗宗に分かれていますが、その由来はこの禅宗伝来の因縁によるものです。その二十四流のうち曹洞系の3派を除けば、他は全て臨済系に属し、黄龍派の禅を伝えた栄西禅師(1141~1215年)以外は、楊岐派の禅を伝えています。日本に始めて臨済禅を伝えたのは栄西禅師ですが、それは二十四流の中の一つだということも重要です。

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.