金剛杵(こんごうしょ)

投稿日:2020年9月25日 更新日:

 
金剛杵とは、煩悩をも破砕するといわれる金属製の法具です。基本的には細長く、両端が広がっていて、真ん中がくびれ、手で握って使います。両端が尖っているものを独鈷杵(とっこしょ・どっこしょ)、両端が三又に分かれているものを三鈷杵(さんこしょ)、五つに分かれているものを五鈷杵(ごこしょ)といいます。

梵語でヴァジュラといい、インド神話でインドラ神(帝釈天)の持つ雷の武器をさしていたことから、堅固なもの、力強いものを表すようになりました。寺院の山門内に安置される金剛力士像仁王像)は梵語でヴァジュラパーニといい、「金剛杵を持っているもの」という意味です。

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-用語集
-, ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.