「 -536年 」 一覧

ウルヴェーラの苦行林(前正覚山)

ウルヴェーラの苦行林は漢訳では前正覚山(ぜんしょうがくざん)といい、お釈迦様がブッダになる前のシッダルタと呼ばれていた時に修行を行った場所です。修行をするということは苦行を積むというのがインドでは一般 ...

出家後マガダ国へ

シッダルタ(お釈迦様)は出家後にまずマガダ国へ行き、当時、優れているという評判の仙人たちを訪ね、アーラーダ・カーラマの下で修行しますが納得出来ず、次にウドラカ・ラーマプトラの下で修行しますが納得できる ...

出家踰城

(仏伝「出家踰城(しゅっけゆじょう)」ロリアン・タンガイ出土クシャーン朝(2世紀頃)) 「どんなに身分が高くても、みな老い、病気になり、死んでいくではないか。バラモンだって同じだ。病気には身分や生まれ ...

四門出遊

(仏伝浮彫「四門出遊」ガンダーラ(2~3世紀)) 「なぜ、人は苦しみながらも生きるのだろう」 シャカ族の王子であったお釈迦様の名はゴータマ・シッダールタといいましたが、人生に悩むシッダールタを見て、父 ...



Copyright © 2017 - 2019 寺院センター All Rights Reserved.