「 1356年 」 一覧

青岸寺

南北朝延文年間(1356年~1361年)この地には当時の近江守護職であった佐々木京極道誉によって建てられた米泉寺がありましたが、永正の初め(1504年)の兵火で焼失しました。その時、本尊聖観音像のみが ...

圓應寺

延文元年(1356)、斯波兼頼公が山形城主として山形に入部の際、築城のしばしの間城の鬼門と言われる北東方角に位置した現在地に仮小屋を建て、弘法大師作と伝えられる、自身の兜の前立てとして付けていた聖観世 ...

米泉寺(青岸寺)の創建

延文年間(1356年~1381年)の創建と伝えられる。もとは太尾山米泉寺と称していた。 << 戻る



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.