「 思うこと(寺院センター) 」 一覧

ストレスの原因をどう認識すればいいかを話します

今日の話題 ・人と人との関係で生まれるストレスにも原因があるはずです。そのストレスをどう認識すればいいかという話です。今回は鎌倉時代の華厳宗のお坊さん・明恵さんの言葉を手掛かりにストレスとどう関わって ...

ストレスを知ることでストレスに備える

今日の話題 ・現代社会には様々な問題がありますが、人と人との関係で生まれるストレスは放っておくと大きくなるばかり。今回は蓮如さんの言葉を手掛かりにストレスとどう関わっていくのが良いのかを考えてみます・ ...

無料のオンラインマップで遺跡を発見から学ぶ世の中の見方

今日の話題 ・無料のオンラインマップで遺跡を次々発見しているという話題から、情報は溢れていても見る人が見れば有益なものになるという・・・。 ・日本人考古学者、“無料のオンラインマップ”でマヤの遺跡を大 ...

ブラタモリ 比叡山編(前編)を見た感想を話します

今日の話題 ・「ブラタモリ#143」で訪れたのは滋賀県と京都府にまたがる比叡山。最澄が延暦寺を開いたこの山が、仏教の世界で「母なる山」と呼ばれている理由を探る▽天台宗だけではない!法然・親鸞・道元・栄 ...

お寺⇔社会 行ったり来たり

今日の話題 ・「もともと寺院は文化や技術が発展し、それを社会に発信させるという機能を持っていた」 寺院で発展させて社会に反映する。逆に社会で発展したものを寺院に取り入れて発展させる。行ったり来たり。こ ...

お寺側の考えとみんなの考えが行き違う背景を話します

今日の話題 ・私たち一般の者にとって「法事の時に持っていった数珠が、自分では気づきませんでしたが違う宗派のものだったぽくて、寺の住職からみんなの前でボロンチョに怒られた事があります」という経験はとても ...

「寺を身近に」という思いでイベントをする場合のもう一手を考えてみました

今日の話題 ・お寺に親しみをもってもらおうと山口市の徳證寺(とくしょうじ)では毎年文化イベントを開催し、ことしはサーカス大道芸が行われたという話題から、お寺でのイベントでどうやって人が集まるか、その後 ...

海の安全を祈願するお地蔵さんの信仰について話します

今日の話題 ・鳥取県網代漁港には、灘端(なだばた)と呼ばれ親しまれてきた浜辺があります。そこで夏になると、町のあちこちからお地蔵さんが集められて、一年の感謝を込めて一体一体きれいに水で洗われ、お盆の法 ...

台風19号と北陸新幹線とお寺への影響について話します

今日の話題 ・10月12日から13日にかけて関東甲信越・東北地方を通過し、河川の氾濫など大きな被害をもたらした台風19号。長野県長野市にある北陸新幹線の長野新幹線車両センターでは、千曲川の氾濫によって ...

MJみうらじゅんさんの仏教観に感銘を受けた話

今日の話題 ・みうらじゅんさんを知ったきっかけやお寺についての熱い想いを感じた言葉などを話しています。みうらじゅんさんのものの見方、表現方法はどう培われてきたのか??やはりお寺がキーワードなのかもしれ ...

お寺の掲示板について話してみます

今日の話題 ・お寺の門前にある掲示板にはポスターが貼っていたりして、お知らせが書いていることもあります。そのお寺の住職オリジナルメッセージが書かれていることもありますね。今回の動画はお寺の掲示板につい ...

【お寺はどうして課税されないの?】問題の背景を説明します

今日の話題 ・お寺・宗教法人には税金が課せられないとよく言いますが、すべての税金が非課税というわけではなく、宗教活動に対しての法人税は課税されません。その理由は2つあり、宗教法人の活動は利益を生まない ...

落合陽一さんの「写経好きになってはいけない」から敢えてお寺事情を考えました

今日の話題 ・“現代の魔法使い”落合陽一さんの言葉からお寺のことを考えてみました。写経本来の意味から時代とともに意味が変わり、周り回って「写経好きになってはいけない」という言葉がお寺の世界にもどのよう ...

お葬式や法事の依頼をする寺は変えていい?

今日の話題 ・お葬式や法事の依頼をする寺(所属寺院、手次寺、菩提寺)は変えてはいけないと思いますか。 #仏事アンケート 04%変わることはあってはならない 31%住職の人柄が悪いなら気持ちは分かる 4 ...

メンタリストDaiGoさんによるN国党立花さんの解説と鎌倉新仏教の共通点を話します

今日の話題 ・NHKから国民を守る党の立花さんを解説したメンタリストDaiGoの動画の内容を見て、鎌倉新仏教との共通点に気づいたので、その話をしています。法然・親鸞・栄西・道元・日蓮とN国党との共通点 ...

「お布施の金額を聞いておったまげた」→「もうこの際、墓じまいをしよう」のその後を話します

今日の話題 ・要約「老母が寺と相談したのだが、お布施の金額を聞いておったまげた」 →「まさに坊主丸儲け」 →「もうこの際、墓じまいをしよう」 →「法要が始まった」 →「祖母の魂が本堂の中のどこかから私 ...

ラグビーワールドカップ2019日本大会と日本代表に外国人が多く含まれていることについて話します

今日の話題 ラグビーワールドカップ2019日本大会は日本で行われる初めてのラグビーワールドカップ。そして、アジアで行われるのも初めてという歴史的開催です。はたして、ラグビーとお寺や仏教との関係とは?

【どうして法事をするの?】法事と供養を選べる時代の背景を話します

今日の話題 49日法要、1周忌、3回忌などの法事。仏式でするのか、無宗教でするのか、または、何もしないのか。法事をする場合にも、お寺の本堂でするのか、お墓の前か、自宅でするのか。宗派やお寺も自由に選ぶ ...

うその情報、フェイクニュースの拡散禁止法がシンガポールで施行されたことを仏教目線で考えてみました

今日の話題 インターネットでうその情報、フェイクニュースの拡散を禁じる法律がシンガポールで施行されました。内容が事実かどうかは政府が判断することになり、国内の市民団体からは表現の萎縮を招くとして反対の ...

no image

スティーブ・ジョブズ

2011年10月5日、妻や親族に看取られながら自宅で亡くなった米アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ氏。前日の10月4日には自身が手掛けた iPhone 4S の正式発表が行われ、世界から注目さ ...

アルコールレス生活

中学三年の夏、お盆のお経で住職について100軒の家々を回りました。別の日には寺での法要にも僧侶として参加しました。寺の法要の後、お坊さん10名の御膳の席にも参列し、大半のお坊さんがビールを飲む姿に若気 ...

カフェインレス生活

(2006年6月にインド・クシナガラで飲んだホットコーヒー) インドに行く機会も多く「和尚さんはインドで生活できるくらいだから身体が強いんでしょうね」とたまに言われます。 いや、いや、そんなことはあり ...

精進料理と菜食主義

「精進料理とは、精進する人の食べ物です」 このように聞いたことがあります。精進料理とは、一般的には、肉や魚を使わずに、野菜、果物、海草などを使って作る料理です。インドや欧米などで肉や魚を食べない菜食主 ...

武士に二言はない

日本には「武士に二言はない」という言葉があります。武士は信義と面目を重んじることから、一度口にした言葉を取り消したり、約束を破るようなことはしないということです。同様に「男に―」「女に―」という使われ ...

no image

愚痴(ぐち)

愚痴とは、言ってもしかたのないような不平不満を言って嘆くことです。もともとの意味は、仏の智慧に暗いこと、ものごとの真実を知らないこと、智慧や真実を知ろうとしないことを愚痴といいます。愚痴は、貪・瞋・癡 ...

no image

中道(ちゅうどう)

中道とは、二つの対立するものを離れていることです。原始仏教では厳しい苦行と快楽主義の両極端を退けた考え方ですが、単に二つの中間をとるというのではなく、二つの極端から離れた自由な立場を表しているので、矛 ...

no image

その時々でいつも最善の結果が出ている

後になって「こうしておけばよかった」とか「あれが悪かった」とか後悔することが誰にもあると思います。私たちは常に変化している世界に住んでいるので、身の回りの条件も当然ながら変化しています。そんな中で結果 ...

無常(むじょう)

常に変化していることを無常と言います。すべてのものごとが常に変化していることを諸行無常と言います。これを聞いて、多くの人は「当たり前だな」と思うわけですが、私たちは同時に大切なもの、大切な人、大切な活 ...

no image

思いやり

思いやりとは、もしかしたら人それぞれ違う認識があるかもしれません。相手を思いやっているつもりで、何かを持って来たり、何かを助言したり、積極的にそうすることで逆に印象を悪くする人がいます。この場合の思い ...

no image

トイレから見えること

生きることに重要なことは色々ありますが、その基本は衣食住と言われています。当然、食べて栄養をつけなければ生きていけません。そして、食べればトイレに行かなければなりませんね。どんなに綺麗に使っていてもト ...

no image

行雲流水(こううんりゅうすい)

4月、5月の春から夏に向けて、だんだんと温かくなる季節は、気持ちいい晴天かと思うと、どこからか厚い雲が広がってきて、雨が降り出すという天気がしばしばある。そんな雨が新緑を一層際立たせる。晴れの日ばかり ...

no image

インドから来た子象の物語

1949年9月、占領下にあった当時の台東区子供議会に対して、インドから子象一頭が贈られました。これは、太平洋戦争中に米軍の空襲に備えて日本の動物園の動物が毒殺されたために大きな動物がいなくなったのを知 ...



Copyright © 2017 - 2019 寺院センター All Rights Reserved.