「 インドで仏教講座 」 一覧

no image

日本の先祖供養と死生観

仏教は2500年前にインドでブッダが説いた教えが元になっています。インドに住んでいた人向けに、ある時は仏教の基本を、ある時は、相談された内容に沿って例え話を使って説いていました。 その当時、インドでは ...

no image

死生観の分類

死生観を分類する場合、どのように考えられると思いますか?自分の主張や、正しいと思うものへ導くための説明の仕方など、対象者によっても、様々な方法があると思います。 あまり死生観について詳しくない人向け、 ...

no image

日本人の死生観 @インド・ニューデリー

インド・ニューデリーで日本語を学ぶインド人を対象に「日本人の死生観」というテーマで2時間の講座・全4回を行いました。私と日本語教師(日本人とインド人)との3人が担当しました。そのうち、主に担当したのは ...

no image

様々な「死の体験旅行」

インド・ニューデリーでの開催にあたって 「死の体験旅行」の参考にさせてもらったひとつは『死の体験授業』(著者:山崎章郎)です。関連書物も読み、別途、体験をした感想なども読みました。「死の体験旅行」だけ ...

no image

死の体験旅行 @インド・ニューデリー

5月20日に『日本語で学ぶ日本人の死生観』(国際交流基金にて)の第四回として「死の体験旅行」の進行役を担当させていただきました。詳細は改めてまとめたいと思いますが、簡単にどんなことをしたのかを紹介しま ...

no image

浄土庭園と極楽浄土。禅庭園と悟り。~仏教と日本文化@インド・ニューデリー

日本庭園には様々な様式があります。その中でも浄土庭園と禅庭園は特色のある二つです。浄土庭園は阿弥陀仏の極楽浄土を表す庭園です。阿弥陀仏を信仰する人は、極楽浄土をイメージします。 頭の中だけでイメージす ...

no image

古池や蛙飛びこむ水の音~仏教と日本文化@インド・ニューデリー

「古池や蛙飛びこむ水の音」は、松尾芭蕉(寛永21(1644)年~元禄7(1694)年)が蕉風俳諧を確立した句として有名です。日本文化、禅文化を代表するものとしても紹介されることが多くあります。 どうし ...

no image

禅寺の一日~仏教と日本文化@インド・ニューデリー

禅を紹介する際、様々な方法が考えられますが、禅寺の一日という切り口で見てみました。禅寺のことを何も知らない人にとってみれば、坐禅ばかりしているのか、勉強ばかりしているのか、どんな生活なのかなと興味があ ...

no image

禅と武士の精神~仏教と日本文化@インド・ニューデリー

平安時代から鎌倉時代への移り変わりで、大きな変化と言えば、武士が幕府を開き政治の中心になったことです。仏教もその影響を受けました。 平安時代にも仏教は天皇や貴族の保護を受けていました。天台宗、真言宗も ...

no image

仏教と日本文化 @インド・ニューデリー

インド・ニューデリーにある国際交流基金で行った仏教文化講座です。今回は一か月間で何回かに分けて行っています。日本語を学ぶインド人を対象に行います。日本語をある程度できても、難しい言葉は分からない。例え ...



Copyright © 2017 - 2019 寺院センター All Rights Reserved.