来客とお経

投稿日:

 
夏のある日

お寺の呼び鈴がなる

弟子が出ると

名乗った上で

よろしくお願いします

だけ言われ

お布施を差し出される

お師匠さんに来客を告げると

顔だけだし

お墓の前でお経を読んできなさい

と弟子に言う

急いで

衣を整え

携帯用の木魚と鈴を手に持ち

境内墓地へ

あるお墓の前で

般若心経を読む

読経と回向が終わると

来客が般若心経を読み始めた

お師匠さんの読み方とも違い

CDか何かを再生しているような

そのような印象で

横で聞いていて

上手いなと感じつつ

気まずい

気持ちの方が

大きかっただろう

後で

お師匠さんに聞くと

交通事故の

その相手のお墓だったのだ

毎年

命日にお参りに来るとのこと

そういうことは

先に言ってほしい

とは

弟子はお師匠さんに

言えない

聞いていたからと言って

お坊さんは

誰の供養でも

同じようにお経を読む

しかし

あの来客のお経は

そうでは

ないのだろうな

💡あなたにおすすめのページ💡
お坊さんが戒名や故人名を含む法要実施→回向動画で確認(1000円)。法事や葬儀告別供養、祈願、戒名授与、開眼、閉眼、ペット供養も可能

<< 戻る

-ストーリーズ



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.