自力本願と小乗仏教

投稿日:

 
子ども向けの学習書に

目を通す

鎌倉新仏教の説明書き

その特色として

他力本願と自力本願

とある

これを偏向という

他力本願が優れていることを

示すための

自力本願

という言葉だと

思う

自・他の

区別を無くしたものが

仏教が指し示すところ

鎌倉新仏教もそうだった

ただ

自分のところの宗派が

優れていると

思うことは

当然のこと

自分のことは

よく見えるから

智慧が足りないと

そんな表現になる

大乗仏教もそう

自分たちの大乗仏教は

優れていると

思っているから

智慧が足りないと

自分たち以外のことを

小乗仏教と

呼んでしまう

これは差別的な表現で

上座部仏教と正される

人は

対比することで

すっきりしたい

他力本願と自力本願

大乗仏教と小乗仏教

だからといって

片方の言い分だけ

聞いただけで

分かったような

気に

なってないかな

仏教は

分けるよりも

壁や枠

なんてものがない

すっきりした世界が

広がっていると

教えてくれている

💡あなたにおすすめのページ💡
   祈願六文銭お守り/記名可・祈願内容選べます/依頼方法

<< 戻る

-ストーリーズ



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.