和歌山県の寺院情報

【お知らせ】誰でも0円~の合同法要(毎月更新される法要動画の回向で戒名が読まれる)(T)

和歌山市 | 海南市 | 橋本市 | 有田市 | 御坊市 | 田辺市 | 新宮市 | 紀の川市 | 岩出市 | 海草郡 | 伊都郡 | 有田郡 | 日高郡 | 西牟婁郡 | 東牟婁郡

和歌山県の葬儀法事、法要、墓地、霊園、納骨堂、樹木葬、坐禅、拝観などで寺院情報が知りたい場合に役立つ寺院住所を市区町村、宗派毎にまとめています。その他、宗派の出来事、クイズのコンテンツがありますので他のページもご覧ください。

和歌山県の寺院便り(寺院のブログやSNS、公式ウェブサイトの記事を掲載)

和歌山県の特色

和歌山はお盆でのお墓参りが多く、その際に「高野槇(こうやまき)」を使うのが独特です。高野山に古くから伝わる高野槙は、弘法大師空海が花の代わりに高野槙の枝葉を御仏前に供えたといわれています。そのため、高野山では御仏前に他の供花と一緒に、若しくは高野槙だけを供えるのが古くからの風習となっていて、特にお正月、お彼岸、お盆には供えることが多いようです。
和歌山県の一部地域には、出棺の際に故人が愛用した茶わんを割り、わらを燃やして、扇子を破って屋根の上に放り投げるという風習があります。
全国的に六曜の「友引」の日には葬儀を行わないという風習がありますが、和歌山県ではこの友引に加えて、暦注の「三隣亡(さんりんぼう)」の日にもお葬式を避ける地域が多くあります。三隣亡とは読んで字のごとく「三軒隣まで亡ぼす」という意味で、この日に棟上など建築にかかわる作業を行うと大変な災いが起こるとされる、建築の大凶日ですが、いつの頃からかお葬式でも避けられる風習ができたようです。
和歌山県の一部では、お葬式が終わり遺骨を後飾りの祭壇に安置した次に、遺骨を家へ迎え入れるための「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」を営みます。このとき「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している女性が集まり「御詠歌」を詠います。流派によって、仏具の鈴(れい)や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を用いて唱和します。

更新日:



Copyright © 2017 - 2019 寺院センター All Rights Reserved.