魚鼓(ぎょく)

投稿日:2018年7月28日 更新日:

「魚鼓(ぎょく)」は「ほう(ぎょほう:ほうは「木」へんに「邦」)」とも言われ、仏具の一種、あるいは打楽器の一種として使われています。中国では北宋(960~1127年)の頃に魚形のものが現れていたようです。上の写真の中央部に色が変わっている所がありますが、そこが叩く場所で、「ポッ、ポッ」「ポク、ポク」といった音が鳴ります。

形は横に長く、魚の形をそのまま形どった魚鼓と木魚とのルーツは同じと考えられています。現在でも曹洞宗や臨済宗などの寺院などで僧堂庫院につるし、衆を集めるための鳴物として使われています。

<< 戻る

-便り, 用語集
-, , ,



Copyright © 1993 - 2021 寺院センター All Rights Reserved.