五重塔

更新日:

 
五重塔(ごじゅうのとう)とは、仏教寺院の五重の屋根をもつ塔のことです。元来は仏舎利(ぶっしゃり・お釈迦様の遺骨)を安置するためのもので、インドのストゥーパが起源です。わが国最古は法隆寺のもの、京都市にある東寺のものは高さ約57mで最も高いものです。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-, ,



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.