ガンダーラ美術

更新日:

 
ガンダーラ美術とは、1世紀後半から数世紀にわたって、パキスタンの北西地方からアフガニスタン東部におよぶ地域で行われていた仏教美術です。仏教寺院を荘厳にするため制作された一連の彫刻類に代表されます。この地は、アレクサンドロス大王の東征を受けていたので、ヘレニズム文化がのこっており、当時の仏教界では例をみなかった制作が、ギリシャ彫刻の影響のもとに行われました。以後、クシャナ朝のカニシカ王の仏教保護のもと、仏像崇拝が広く流行するようになり、各地で仏像がつくられるようになりました。

💡あなたにおすすめのページ💡
   供養之証による法要/依頼方法

<< 戻る

-用語集
-



Copyright © 2017 - 2020 寺院センター All Rights Reserved.